Q & A (よくある質問)


このコーナーは、お客様 から寄せられた、ご質問内容で特に多い項目についての回答を掲載しています。


動作環境


【Q】 メモリ(RAM)の推奨が512MBとなっていますが、少ないと動作できないのですか?

はい、表示レスポンスを重要視されるのなら十分なメモリを準備してください。

TradingTool SAYA のプログラム自体は大して大きくないのですが、グラフ表示とかデータリストアップ表示に大量のメモリを必要とします。メモリが不足すると Windows によりスワップ(仮想メモリ処理)され表示レスポンスが極端に鈍くなります。

必要メモリはペア銘柄の登録数に比例すると考えてください。ペア銘柄を常時 1000 ペア程度登録するのであれば、XPで1GB程度のメモリがあったら表示レスポンスに問題はありません。100ペア程度なら 512MBで十分です。

尚、OS(オペレーティングシステム)自体の必要メモリ量も考慮してください。ちなみに Vista は、OSだけで 1GBを推奨しているようですから、XPよりも多くのメモリを用意する必要があります。


【 関連情報 】



 
Q & A (よくある質問)
Q & A 一覧リスト ・ 導入時の質問 ・ 動作環境 ・ 期間ライセンス ・ 株価データ ・ サヤ取り ・ メインプログラム全般 ・ ペア銘柄管理 ・ グラフ表示 ・ 売買ガイド ・ 損益データロギング ・ 相関検索 ・ 信用取引 ・ 銘柄グループ ・ 無料ダウンロード関連 ・ 購入申込み等 【 戻 る 】