証券会社の選び方

株式投資による「サヤ取り」を行うには、何はともあれ、証券会社に口座を開設することから始まります。
口座が無ければ、株式の売買は出来ません。既に証券会社に「信用取引口座」を開設されている方も、「サヤ取り」をこれから始める方は、非常に重要な要件も含まれていますので、一度以下の文書に目を通しておいた方が良いかもしれません。

○○証券口座開設手続き  または  インターネット口座開設□□証券

以下に記述した内容は、個別の証券会社を推薦したり否定するものではありません。

サヤ取りを始めるにあたって、純粋に口座を開く証券会社選びの参考程度になればと思い記述しています。

売買手法に合わせて選ぶ

これから株式投資を始めようとしている方に「証券会社を選定するには?」という質問をすると、次のような回答が返ってくると予想されます。

  • 信用のある証券会社が第一ですよね。
  • 証券会社の大手である野村証券、大和證券が安心じゃないかな。
  • サービスが行き届いたところが良いと思います。
  • 手数料が安いところがいいなぁ。
  • 住んでる近くにある証券会社が便利じゃないかな。

どの回答も正解なのですが、全て間違っています。
よく考えてみて下さい。あなたはこれから、どんな手法でどんなことをしてどんな目的でどんな狙いがあるのかを。そうすれば、おのずと自分に合った証券会社を絞り込むことが出来るはずです。

今回は株式投資による「サヤ取り」を行うものとして考えます。では早速、

  • どんな手法で?  ・・・・・・  サヤ取り
  • どんなことをして? ・・・・・  株式投資(信用取引)
  • どんな目的で?  ・・・・・・  出来るだけ多くの利益を得る、資金を増やす
  • どんな狙いで?  ・・・・・・  生活安定、将来の不安解消、海外旅行資金を稼ぐ、等々

最終的な「狙い」については、人それぞれに異なりますから特筆はしないことにします。ここで考えなくてはならないのは、上の3項目です。この3項目について、どんな点に注意し、考慮したら良いかを下表に示します。

◆ 注意・考慮する点
質問 手段・目的 注意・考慮点 キーワード
どんな手法で? サヤ取り 常にペア銘柄を売買する
情報の質、速さは重要な問題ではない
1回のサヤ取りの利益額は小さい
売買回数
利益額は小さい
どんなことをして? 株式投資(信用取引) 短期売買(最長6ヶ月)
売買注文の容易さ
資金移動の容易さ
口座開設の容易さ
インターネット
ネット証券
ネットバンキング
どんな目的で? 出来るだけ多くの利益を得る
資金を増やす
売買手数料の安さ
口座管理料の安さ
手数料
サービス料

証券会社の選定は「売買手法に合わせて選ぶ」というのが正解なのです。すなわち、「サヤ取り」に必要な条件にマッチしていれば、成功率アップに繋がります。

最近はインターネットによる株式取引が開始され、手数料が格段に安くなりました。また、ネット上から豊富な情報を取得することかできるため、株式投資人口も年々増加傾向にあります。
これらは超短期売買を行い、リスクを覚悟で、投機的な目的で売買する「デイトレーダー」と呼ばれる投資家が大半ではないでしょうか。

「サヤ取り」は、極力リスクを回避し、少ない利潤をコツコツ稼ぐための手法です。従って、上表のキーワードが非常に重要な意味を持っています。

ネット証券との相乗効果

インターネットパソコン個人投資家

世間では店舗を持たず、インターネット取引をメインに行う証券会社を「ネット証券」といいます。インターネットの急速普及に伴い、手数料が安く、手軽に株式取引が行えるネット証券が多くの顧客数を獲得し業績を拡大してます。
老舗の大手証券会社も、これに追従するかたちでインターネット対応を行うようになりましたが、手数料ではネット証券に太刀打ち出来ないようです。

「情報の質、速さ」を重要視するならば、少々手数料等が高くても、経験豊富なスタッフを沢山揃えている大手証券を選ぶという方法もありますが、今回、最も重要なのは「諸経費の節約」なのです。すなわち、手数料、サービス料を極力低く抑えることにより、サヤ取りの成功率アップが期待できるのです。

ポイントネット証券のメリット
  • 手数料が格段に安い
  • インターネットによる売買注文が出来る  ・・・・・・ 自宅、外出先、携帯電話
  • 口座管理料が無料、もしくは低額  ・・・・・・・・ 現在は無料が一般的になりました
  • 資金の移動もインターネットで可能 ・・・・・・・・・ 振込み手数料無料などのサービス

ポイントネット証券のデメリット
  • 信用に不安がある
  • 企業規模に不安がある
  • システム障害等による売買注文遅延、不履行 ・・・・ 最近は殆どありません

長期保有スタンスの株式投資と違って「サヤ取り」は短期売買を行います。当然売買回数も多くなり、低額の売買手数料は最も重要なものとなります。また、ライフスタイルにもよりますが、いつ、どこででも、売買注文が出来ることも大きなメリットとなります。
「サヤ取り」はネット証券のメリットが享受できるからこそ、可能な手法だと言っても過言ではありません。「サヤ取り」とネット証券の組み合わせこそがベストマッチであり、それぞれに相乗効果を生み出すものと思います。

ネット証券の例

参考までにネット証券の例を示します。
インターネット上には、証券会社の評価、手数料、サービス内容等の比較サイト(相互リンクサイト運営のネット証券比較 等)がありますから、一度覗いて見てはいかがでしょう。

SBI証券   マネックス証券   クリック証券   楽天証券
カブドットコム証券  

株式サヤ取り支援ツール

申込み受付中! SBI証券 マネックス証券 クリック証券 楽天証券 カブドットコム証券
 
【ネットバンク】 ジャパンネット銀行
新生銀行
 
はじめてのお客様  
なぜ今サヤ取り? サヤ取り入門 サヤ取り理論 こんな投資家向き 証券会社の選び方 信用取引を知ろう 【 戻 る 】