メンテナンス概要


付属ユーティリティソフトウェアについて解説します。

 メンテナンスメニュー | 株価データ更新 | グループ登録 | データベース

メンテナンス(保守)プログラムは、TradingTool SAYA 全体をスムーズに、かつ効率的に運用するためのユーティリティソフトウェア群です。

メンテナンスメニュー


メンテナンスプログラムは、TradingTool SAYA をインストールしたときに自動的にインストールされます。このプログラムは複数のプログラムから構成されていますが、下図のメンテナンスメニューから全て起動することができます。

メンテナンスメニュー

株価データ更新


株価データは、サヤ取りには必要不可欠な基本データです。株価データ更新は、データのダウンロード、圧縮ファイルの解凍、データベースへの展開、更新日付の管理などをボタン1つの操作で全て自動で行います。

株価データ更新

※ 現在のところ、株価データの入手先は有料データサイト(DATA-GET)のみに対応しています。

グループ登録

相関検索のペア銘柄組合せパターンに使用できる銘柄グループを作成します。

例えば、取引数量が少ない銘柄をペア銘柄とした場合、手仕舞う際に思うように売買できないことが多々あります。このようなリスクを極力排除するために、1日平均売買代金で絞り込んで、取引数量が少ない銘柄を排除した銘柄グループを作成する等、きめ細かなグループ化を支援します。

グループ登録

メンバー絞込

メンバー絞込は過去の株価データを元に様々な条件で絞り込んで銘柄グループのメンバーとして追加する機能です。

メンバー絞込み

データベース

TradingTool SAYA のデータ管理はデータベース化されています。TradingTool SAYA を長期的にご使用して頂いても問題が無いように、このデータベースに関するユーティリティについても用意されています。

DBメンテナンス

DBメンテナンスは、旧い株価データなど不使用となったデータを削除したり、上場廃止となった銘柄を削除するなど、データベースを圧縮整理すると共に整合性を確保します。

DBメンテナンス

DB最適化

データベースのデータを削除したりすると、データベースは断片化されディスク領域を効率よく使用できなくなります。DB最適化を実施すると、DBファイルのコピーが作成されディスク内での配置方法が変更されます。これはファイルの断片化を解消したこととなり、連続ファイルとすることによりアクセススピードを向上させる効果があります。

DB最適化

 
製品情報       
製品情報一覧 何ができるの? プログラム構成 メインプロの概要 相関検索の概要 メンテナンス概要 動作環境 【 戻 る 】