サイトの全面リニューアルを行っていましたので更新が出来ませんでした。長らくお待たせして申し訳ありませんでした。それでは第2回目は、TradingTool SAYAグラフ表示機能をピックアップして紹介します。

グラフ表示機能

TradingTool SAYA にとってのグラフ表示機能は、メインプログラムグラフおよび相関検索バックテストグラフならびにサヤ簡易グラフ、損益推移グラフの4種類のツールが用意されています。
ここでは、メインプログラムに装備されているグラフ表示機能について紹介します。

グラフ表示機能は、サヤの開閉を見るためには必須機能といえます。サヤの開閉を確認できるのは勿論のこと、バックテストによって的確な仕掛け/手仕舞いタイミングをシグナル表示したり、ポリンジャーバンド等の統計値をグラフ表示するなど、非常に強力なグラフでサヤ取りを支援します。
下図は、メインプログラムのグラフ表示です。

グラフ表示部
(1) A銘柄情報

A銘柄の銘柄コード、銘柄名称、市場区分を表示しています。なお、銘柄コード部は仕掛け金額グラフ色と同色(近い色)となっています。

(2) B銘柄情報

B銘柄の銘柄コード、銘柄名称、市場区分を表示しています。なお、銘柄コード部は仕掛け金額グラフ色と同色(近い色)となっています。

(3) 仕掛け金額グラフ

建玉金額グラフとも言います。過去の株価データとバックテスト条件の「売買想定金額」から計算された建玉金額を時系列グラフで表示します。右端が最新、左端が最旧データで、画面内に収まらない場合は最下行にスクロールバーが表示されスクロールすることができます。

(4) サヤ値グラフ

仕掛け金額のサヤ値を時系列グラフで表示します。右端が最新、左端が最旧データで、画面内に収まらない場合は最下行にスクロールバーが表示されスクロールすることができます。

サヤ値(円) = A銘柄仕掛け金額(円) − B銘柄仕掛け金額(円)

(5) ダイレクト(コマンド)ボタン

グラフ類を操作するコマンドボタンには、ツールバーおよびダイレクトボタンがあります。特にダイレクトボタンは、頻繁に使用する機能を抜き出し、操作性を第一に考えてグラフ表示部の近くに配置しました。

(6) 横軸スライダー

PCの解像度が低いと微妙なグラフの変化を見逃す場合があります。このようなことが無いようにグラフの時間軸を拡大縮小できる機能をサポートしました。時間軸はグラフ右上隅の「横軸スライダー」によって変更できます。

(7) 相関係数

A銘柄とB銘柄株価の相関係数を常に表示しています。


フラグシグナル

仕掛けシグナルおよび手仕舞いシグナルをグラフ内に表示しています。フラグシグナルは、仕掛けタイミングを赤色で、手仕舞いタイミングを青色で表示したものです。

フラグシグナル

ペイントシグナル

また、フラグシグナルと併せてシグナル範囲を示したペイントシグナルも用意しました。ペイントシグナルは、バックテストによるシミュレーション結果を、仕掛け中(仕掛け可能)状態および利益が確定した場合、ならびに損切りが確定した場合の3つの状態について、グラフ背景をペイントすることによって表現しています。

ペイントシグナル

買Class(買区分)シグナル

買Classシグナルは、買い建てする銘柄は「A」または「B」のどちらかを表しています。従って、このシグナルで表示された銘柄とペアの銘柄を空売りすることになります。売買区分は自動判定されます。

ペイントシグナル

次回はグラフの種類等について紹介したいと思います。第1回目から期間が開き過ぎた感もありますが、TradingTool SAYA の豊富な機能を少しずつピックアップしていきたいと考えています。洗練された機能および魅力について紹介していきますのでご期待ください。

【 次へ 】 → ← 【 前へ 】 【 先頭へ 】 ↑

ユーザー急増中!
株式サヤ取り支援ツール
 
新着情報 ピックアップ 市場情報・動向 ダウンロード
リンク集 相互リンク サイトマップ