インターネット上には様々な情報が氾濫しています。必要な情報やどうでもいい情報、ネットサーフィンするにはインターネットという荒波を上手に乗りこなすことが要求されます。

そこで登場したのが、RSS(アールエスエス)という技術です。このRSSに対応したニュース・ブログサイトが急増しているのは事実です。
なぜ今、RSSに注目が浴びているかというと、RSS対応ブラウザRSSリーダー等を使用することによって、すごく簡単に目的の情報をゲットできるからです。例えは、最新のニュース、最新株価、新製品情報、ブログ新着情報などを的を絞って収集することができます。

RSSの変遷

RSSが誕生した経緯について少し解説します。RSSは本来、インターネット上の膨大な情報を効率よく利用するために、ネットスケープ・コミュニケーションズ社が策定したXMLを利用して、メタデータを記述する仕組みをベースに誕生しました。この仕組みをRDF( Resource Description Framework )といいます。

その後、数々の改善が加えられ、もっと効率よく情報が得られるようにしようという対応がとられ、多くの情報を配信できるようになりました。日本国内で脚光を浴びるようになったのは、今では当たり前のようになったブログの流行が牽引に寄与したのではないでしょうか?日本ではRSSバージョン1.0が普及しているようです。

RSS対応ブラウザ

お使いのブラウザ(例 インターネットエクスプローラ等)のツールバーに、RSSこんなアイコンがありませんか? RSSこんなアイコンかもしれません。Microsoft の IE7 は、RSS対応ブラウザですから存在します。いま現在ブラウザで表示しているサイトがRSS対応なら、RSSと表示されているはずです。RSS未対応ならRSSと表示されます。

RSSリーダー

RSSリーダーは、RSSファイルを確認してサイトから新着情報を表示する専用ソフトウェアです。一般的に多くのRSSリーダーは無料で配布されていますので手軽にRSSを購読することができます。有料RSSリーダーも稀にありますので注意してください。

RSS登録を行う

RSS配信されているサイトの新着情報を登録する方法について簡単に解説します。

基本原則は当然、該当サイトがRSSフィード(配信)している必要があります。確認方法は、「RSS対応ブラウザ」で説明したRSSアイコンRSSで確認します。

ブラウザで購読する

ご使用のブラウザとは異なるかもしれませんが、Microsoft社の IE7 への登録手順を説明します。

  1. 先ず、RSSフィードしているサイトをブラウザで表示します。ツールバーのRSSアイコンで確認してください。
    RSSフィードアイコン
  2. RSSフィードアイコンをクリックします。
    内容をよく読んで確認したら、「このフィードを購読する」 をクリックします。
    このフィードを購読するには
  3. 購読の確認ダイアログが表示されますから、「購読(S)」 をクリックします。
    購読確認ダイアログ
    以上で完了です。次回からはブラウザのRSSフィードで表示することが出来ます。
  4. ちなみに、ブラウザのRSSフィードは、下図のようなメニューにあります。
    ブラウザのRSSフィードメニュー

My Yahoo! 等で購読する

サンプルとして、「 My Yahoo! 」へ登録する手順を説明します。

  1. RSSフィードしているサイトをブラウザで表示します。ツールバーのRSSアイコンで確認してください。
    RSSフィードアイコン
  2. My Yahoo! 登録用の専用アイコンをクリックします。
    RSS登録専用アイコン
  3. My Yahoo! に「新しいコンテンツが追加されました。」と表示され追加されます。
    My Yahoo!登録完了
  4. 本サイトで登録可能なものを掲載します。ご自由にご使用ください。
RSS 新着情報 My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader はてなRSSに追加
株式サヤ取り支援ツール
 
新着情報 ピックアップ 市場情報・動向 ダウンロード
リンク集 相互リンク サイトマップ